stationery

夜に似合う絶妙な濃い色合いの3色「ユニボール ワン」秋冬限定カラー0.5mm「NIGHT TIME STUDY」

「ユニボール ワン」NIGHT TIME STUDY

先日紹介した、黒は一層濃くカラーはより鮮やかに発色するゲルインクボールペン『uni-ball one(ユニボール ワン)』の秋冬限定カラー9色のうち、0.5mmのボール径となる3色セットの「NIGHT TIME STUDY」を購入したのでご紹介。

濃くハッキリ書ける「ユニボール ワン」に朝・昼・夜をテーマにした秋冬限定カラー登場
濃くハッキリ書ける「ユニボール ワン」に朝・昼・夜をテーマにした秋冬限定カラー登場

三菱鉛筆から、黒は一層濃くカラーはより鮮やかに発色するゲルインクボールペン『uni-ball one(ユニボール ワン)』で初めての限定色である秋冬カラー【本体参考価格132円:税抜 120円/インク ...

続きを見る

0.38mmは買わなかった

太めのボール径好きとして、「ユニボール ワン」であれば0.38mmよりも0.5mmの方が好きというか書いていてしっくり来るというのもあるし、今回の秋冬限定カラー9色のうちの0.38mmで展開されている6色が明るい色多めでそこまでピンと来なかったというのもあって0.5mmの3色セットになっている「NIGHT TIME STUDY」のみを購入してみたという次第。

ちなみに、何件か文具店を回ってみたところ、売れているのはやはりというべきか0.38mmの方で、店舗によっては「MORNING TIME STUDY」が売り切れているところもあったりと極細系が大人気だからこそ色展開も0.38mmの方が多いんだよなーってのを実感したりもした。

0.38mmには大好きなブラック系インクもあるし、あの4色が大好きなので、あれで良いって気もしてたり。以前レビューしてるのでそちらもご参照頂ければと。

ユニボール ワン 0.38mm ブラック系インク
濃くハッキリ書ける「ユニボール ワン」0.38mmブラック系をシグノと比較

ユニボール ワン 0.38mm左から:ブルーブラック、グリーンブラック、ブラウンブラック、ボルドーブラック 2020年2月26日に発売になった「新技術ビーズパック顔料を使用した新インクで、一層色濃い文 ...

続きを見る

インクの前に見た目的にもイイ色

「NIGHT TIME STUDY」クリップ

「ユニボール ワン」の特長である真っ白なボディは白い外観好きとしても嬉しい配色でありつつ、インク色の判別に役立つノック部分からクリップ部分にかけてインク色と同色の切り返し的な造りの色が書いてみる前に既にイイ色をしているんである。

この色具合を眺めるだけでも書いてみたら好きな感じの色なんだろうな~というのが想像出来てそそられる。逆に0.38mmの方の淡いカラーリングにはあまりそそられなかったというのも0.5mmだけを買った理由でもあったりする。

書いてみると

「ユニボール ワン」秋冬限定カラー0.5mm「NIGHT TIME STUDY」で書いてみた

ほらっ!抜群の色合い。この3色セットで売ってる意味があるというか、3つ揃って書かれていてこそしっくり来る限定カラーなのがハッキリと分かってしまった。

フランボワズは紫系インク好きとしても絶妙な赤紫であり、ネイビーブルーはブルーブラックとはまた違うホントにネイビーな色、シトロンは黄色系にちょいと黒が混ざっている感じで書いててもしっかりと読めるので装飾ではなく普通の筆記にも使えそう。

信号色的な3色が全て絶妙に自分の好みにもマッチしていて、これは限定じゃなく普通に売るべきでしょ!って思ってしまった。

限定カラーなので、欲しい場合にはお早めに。「ユニボール ワン」は濃くハッキリ書けるってペンであるが、色の良さと書き味の両方をしっかりと堪能出来るのは0.38mmよりも圧倒的に0.5mmだなというのもあらためて感じた。

-stationery
-,

© 2020 sutero choice