stationery

サラサの新しい濃いインク「サラサ R」のブラック系インク4種はなかなかイイ色

ゼブラ サラサR ブラック系インク 4種

サラサR 上から:ブルーブラック、ブルーグレー、グリーンブラック、レッドブラック

先日エントリしたゼブラのサラサシリーズの濃いインクでハッキリ鮮やかに書ける新しい「サラサR」のブラック系インク4種(ブルーブラック、ブルーグレー、グリーンブラック、レッドブラック)を購入したのでご紹介。

細かい説明や特長は前回エントリを参照頂くとして、今回はブラック系インクの色味だったり同色のあるビンテージシリーズとの比較等をお伝えしていきましょう。

ゼブラ「サラサ R」
濃く鮮やかに書ける新しいサラサ、ゼブラ「サラサ R」

左から:(白軸)黒、ブルーブラック、青、スカイブルー、緑、フレッシュグリーン、オレンジ、赤、ピンク、マゼンタ、バイオレット、ブルーグレー、グリーンブラック、レッドブラック(黒軸)黒 ゼブラから濃くあざ ...

続きを見る

発売日のずっと前から売ってた

このサラサR、発売日が2021年3月22日と、これ書いてる現在(2021年3月19日)はまだ発売前なのではあるが、3月頭から店頭に並んでいるのを何件かの文具店で見かけたし、実際に購入したのも3月入ってすぐ。ネット通販系では売ってる所や予約の所、未発売の所とありますが、22日過ぎればわりとどこでも買えると思われます。

ってことで、買っていたんですがちょいと寝かせておいてやっと書いてます。

真っ白な外観

ゼブラ サラサR ブラック系インク 外観

ノック部分とクリップのインク色を表す丸い印以外は真っ白な完全に白い外観なペンになっております。

形状的にはまんまサラサクリップなんですが、真っ白ってだけで結構印象が違う。白は膨張色ではあるけれど、通常のサラサクリップとは違い軸とグリップにクリップの全体が白いことで一体感が出てシャープでスラッとして見える。

サラサシリーズを並べる

サラサシリーズを並べる

普通のサラサクリップ、ビンテージカラー、サラサRを並べてみた。やはりというか全体的に白い外観なサラサRが一番スッキリしている。通常のサラサクリップは透明軸にインクと同色のグリップとクリップで中身の替芯も見えてボッテリした感じであるのに対して、ビンテージカラーとサラサRは同色な軸とグリップでスッキリしているけれど、ビンテージカラーのクリップがクリーム色で真っ白なサラサRに対して膨張して見えて3本ともほぼ同じ形状でありながら並べてみてもサラサRがキレイである。

ユニボールワンを意識

サラサRとユニボールワン

形状こそサラサクリップではあるけれど、濃くハッキリ鮮やかに書けるインクに白い外観といいボール径が0.4mmメインでブラック系インクもあるあたり、完全に三菱鉛筆のユニボールワンを意識しての登場となったのは明らか。

ユニボールワンが1年先行してて限定含めた多色展開が好評なだけにサラサRも今後色々と展開していくのではと予想される。

サラサRとサラサクリップビンテージカラーを書いて比較

サラサRとサラサクリップビンテージカラーを書いて比較

今回のサラサRのブラック系インク4種はサラサクリップのビンテージカラーに全く同じ色があり、0.4mmと0.5mmのボール径の違いはあるけれど比較として書いてみた。

線幅的には結構同じ感じで若干サラサクリップの方が太い程度。書き味も0.1mmの差を感じることなくサラサRもかなりスラスラと書ける。

一番違うのはインクフローかな。線幅も書き味もボール径が違うのに同じ感じで書けてしまうというのはつまり、サラサRのインクフローがとても良いという証拠。サラサクリップのビンテージカラーはしばらく使ってなかったこともあって、かすれが見られる部分もあり、書き味的には同じようとはいえ、サラサRの方が書いていて心地良いのは確か。

色味に関してはサラサRが確かに濃くハッキリしているが、そこまで大きく違っているとは感じられなかった。同じボール径であれば結構違って見えるとは思う。

サラサクリップ ビンテージ
絶妙な色合いのサラサクリップ、ビンテージシリーズ

ゲルインクボールペンとしては定番のゼブラのサラサクリップ。元々書きやすく多色展開で人気もあるシリーズだけど、クリップのデカさがあんまり好きじゃなくてほとんど持ってなかったりするが、ブラック系の渋い色展 ...

続きを見る

ユニボールワンとどっちが良いか

ブラック系インクとしての色味はサラサRの方がキレイというか鮮やかでユニボールワンはちょいと黒が強い印象。書き味としてはユニボールワンの0.38mmは細いしカリカリ感もあるのでたった0.02mmの違いとはいえサラサRの0.4mmの方が滑らか。

ってことで、現状ではサラサRの方が良いかな。ただ、ユニボールワンは0.5mmにネイビーというお気に入りなインク色があってそちらはとても滑らかでイイ色なのでそこはユニボールワン。

今後も濃くハッキリ書けるインクシリーズには期待しております。

ユニボール ワン 0.38mm ブラック系インク
濃くハッキリ書ける「ユニボール ワン」0.38mmブラック系インクをシグノと比較

ユニボール ワン 0.38mm左から:ブルーブラック、グリーンブラック、ブラウンブラック、ボルドーブラック 2020年2月26日に発売になった「新技術ビーズパック顔料を使用した新インクで、一層色濃い文 ...

続きを見る

「ユニボール ワン」NIGHT TIME STUDY
夜に似合う絶妙な濃い色合いの3色「ユニボール ワン」秋冬限定カラー0.5mm「NIGHT TIME STUDY」

先日紹介した、黒は一層濃くカラーはより鮮やかに発色するゲルインクボールペン『uni-ball one(ユニボール ワン)』の秋冬限定カラー9色のうち、0.5mmのボール径となる3色セットの「NIGHT ...

続きを見る

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice