electric

iPhoneの充電にピッタリな小さくて高出力の充電器「Anker PowerPort III Nano 20W」

Anker PowerPort III Nano 20W

先日のプライムデーでゲットしたAnkerのとても小さな充電器である「Anker PowerPort III Nano 20W」をご紹介。

これまでは同じく以前から持っているAnkerの複数ポートあるUSB充電器だったりワイヤレス充電器を使っていたのだけれど、USB-Cに対応してて高速なやつ持ってなかったってことで今回プライムデーで安くなってたのもあって「Anker PowerPort III Nano 20W」をようやく買ったという感じ。

「Anker PowerPort III Nano 20W」箱

こんな箱に入っております。付属品としては本体と紙の説明書のみとシンプル。

iPhone 12シリーズから充電器は別売り

11までのiPhoneは買うと本体とケーブル、イヤホンに充電器がセットで付属していたけれど、12からは本体とケーブルのみになってシンプルでその分価格も抑えられているし、12以前のiPhoneからの買い替えであればイヤホンや充電器が付属してなくてもそこまで問題でもない。

しかし、12シリーズに付属のケーブルはUSB-Cとライトニング端子のタイプで、以前までのケーブルはUSB-Aとライトニングで充電器もUSB-A対応になっているし、新規で12シリーズを購入であれば何か充電器は必要なこともあり、新たに充電器を購入しようって考える人も少なくないはず。

また、12シリーズから対応しているマグネットで引っ付いて充電できるMagSafeもそこから伸びるケーブルの端子はUSB-Cということもあって、やはりUSB-Cで充電可能な機器があったほうが絶対に便利。

純正の従来品よりちょい大きい程度なコンパクトさ

Anker PowerPort III Nano 20Wと5W5のApple純正充電器

本体サイズはUSB-Aな従来のコンパクトな5W出力のApple純正充電器よりもほんのちょっと大きい程度。

同じ20W出力でUSB-CなApple純正の充電器はもうちょっと大きくて持ち運ぶにはちょいと不便だし価格的にも「Anker PowerPort III Nano 20W」ほ方が安いので、そういう面から見ても魅力的な充電器になる。

Apple大好きでiPhone周辺機器もなるべく純正が良いって人はApple純正を選ぶのが良いけれど、そこまでこだわってないし小さくてそれなりに品質もいいモノがって場合には「Anker PowerPort III Nano 20W」はピッタリの選択肢になると思う。

あ、iPhone以外のAndroid端末なスマホやタブレットにも当然使えるし、iPadの充電にもオッケー。

-electric
-,

© 2022 sutero choice