stationery

パイロットから3色の万年筆用顔料インキが新たに登場「強色(TSUWAIRO)」

2022/03/02

万年筆用顔料インキ『強色(TSUWAIRO)』

パイロットから、万年筆に使用可能な顔料インキ『強色(TSUWAIRO)』(価格:1,100円(税抜価格:1,000円))と万年筆のメンテナンスに最適な『万年筆クリーニングセット』(価格:880円(税抜価格:800円))を2022年3月4日(金)より発売するということでご紹介。

今回発売する『強色』は、耐水性や耐光性に優れた顔料インキを採用した、万年筆用のインキです。一般的に万年筆用のインキには染料インキが使われていますが、筆跡に耐水性や長期保存のための耐久性を求める方や、濃く鮮やかな筆跡を楽しみたい方からの顔料インキへのご要望も多く、それに応える形で万年筆用顔料インキを新開発し、ラインアップに加えます。

顔料インキは、耐水性に優れ、水に濡れてもにじみにくいことに加え、紙への定着性が高いため、筆記後誤って手が触れて擦ってしまっても、紙面を汚しにくいことも特長です。また、高い耐光性があるため、筆記後時間が経っても筆跡が色あせしにくく、万年筆で書いた大切な書類の保管に適しています。インキ色はブラック、ブルーブラック、ブルーの定番3色をラインアップしました。30mlのボトル入りで、コンバーター(インキ吸入器)でインキを吸い上げて使用します。

万年筆クリーニングセット

万年筆クリーニングセット

同時に、万年筆のお手入れに最適な『万年筆クリーニングセット』を発売します。インキの出が悪くなった時やインキ色を変えたい時、しばらく使用しない際に、スポイトを利用し、水でペン先内のインキを洗い流し、水で希釈した洗浄液に8~10時間ほどペン先を浸け置きすることで、手軽に愛用の万年筆のお手入れができます。洗浄液5袋(5回分)と洗浄用スポイトを保管に便利なスライダーポーチにセットしました。

商品特長

顔料インキ『強色(TSUWAIRO)』

万年筆用顔料インキを新開発。顔料インキの特長である、耐水性と耐光性に優れ、濃く鮮やかな筆跡がお楽しみいただけます。水に濡れてもにじまず、光に強いため、筆跡が変色しづらく長期間保管することができます。

気軽に使える30mlのボトル入りで、コンバーターでインキを吸入して使用できます。インキ色は、定番のブラック、ブルーブラック、ブルーの3色です。

インキの出が悪くなった時や色を変える時など、万年筆を洗浄する際に使用する『万年筆クリーニングセット』を同時発売します。インキを洗い流すために、水を繰り返し出し入れするためのスポイトと洗浄液のセットです。洗浄液は水で希釈して、ペン先を浸け置きすることで手軽にお手入れができます。

※万年筆用顔料インキ『強色』、『万年筆クリーニングセット』は、一部の万年筆には使用できません。
(使用不可商品:外装が蒔絵・漆仕上げとなっている商品、プランジャー式万年筆、スクリュー式万年筆、ジャスタス95等。詳細はパイロットのホームページを参照ください。)

※コンバーター(インキ吸入器)は、CON-40、CON-70Nが使用できます。

商品概要

商品名 万年筆用顔料インキ『強色(TSUWAIRO)』
価格 1,100円(税抜価格:1,000円)
容量 30ml
インキ 一般書記用インキ(顔料インキ)
インキ色 ブラック、ブルーブラック、ブルー

商品名 『万年筆クリーニングセット』
価格 880円(税抜価格:800円)
セット内容 セット内容:洗浄液8ml×5、洗浄スポイト
※専用スライダーポーチ入

裏写りが気になるなら顔料インキ

パイロットから3色の万年筆用顔料インキ「強色」が登場。万年筆のインキといえば、一般的なのは染料インキ。最近は顔料インキもいくつかあるとはいえ、安心のパイロットからようやく3色ほど出るというのは嬉しい限り。

顔料インキは耐水性と耐光性に優れているという一般的な強みだけでなく、裏写りが少ないというのが実は一番の強みとも言える。

万年筆だと裏写りしてお気に入りの手帳やノートでは使いにくいって場合には顔料インキで書いてみると気にならなくなることもあるので、普段染料インキ使ってるという人も顔料インキを試してみて欲しい。

ちなみに、パイロットのインキでカラフルで有名な色彩雫は染料インキ。

今回は定番的なブラック、ブルーブラック、ブルーという3色で、中でもブルーはパイロットの染料インキよりも明るくて鮮やかなので、買うとしたらブルーを選ぶかな。

-stationery
-, ,

© 2022 sutero choice