stationery

細かい所への書き込みに目立たせて消せるパイロット「フリクションポイントノック04」オレンジ

「フリクションポイントノック04」オレンジ

以前もブルーブラックをエントリした消せるボールペンなフリクションシリーズのシナジーチップを搭載し、とても滑らかな書き味でもはや定番な「フリクションポイントノック04」のオレンジを購入したのでご紹介。

書籍への書き込み用として

普段よく使うのは普通のゲルインキボールペンで、フリクション系はほとんど使わないんだが、読書しててちょっと書き込みたいってことがあって、普通のボールペンだと消せないし、シャープペンだと目立たないってことで、消せてよく目立つ色って考えた時に「フリクションポイントノック04」のオレンジがイイんじゃないかって。

こういう状況だと一般的には赤だと思うけれど、エナージェルインフリーのオレンジを赤代わりに使って良かったので、それ以来、目立たせるカラーにはオレンジが第一候補にあがる。

軸的にもよく出来たペン

「フリクションポイントノック04」オレンジ&ブルーブラック

ブルーブラックとオレンジを並べて撮ってみた。

ペン先が金属コーンで低重心設計になってて、ラバーグリップの付いた軸もインキ色と同色で分かりやすく、程よい太さで握りも安定しててシナジーチップで書きやすいという、フリクションシリーズでも圧倒的に造りの良いペンである「フリクションポイントノック04」。

ゲルインキボールペンであるジュースアップと同系統な構造で、パイロットを代表する書きやすいペンとなっている。

ジュースアップよりも良いのはクリップと一体化したノック部分が筆記時にそこまでカチャカチャ鳴らないって部分。

欲を言えば、軸がインキと同色でも光沢あるキラキラした感じなのが指紋も目立つので、ジュースアップ的にマットな感じにして欲しいってことかな。

限定軸も出てたことあるけれど、どれもピカピカしてたもんなー。

書いてみると

「フリクションポイントノック04」オレンジで書いてみた

オレンジと一緒にブルーブラックでも書いてみてる。

「フリクションポイントノック04」と名前に数字が付いている通りにボール径0.4mmでそれなりに細く書けるが、インクフローが良いので、極細好きからすると、0.4mmといっても太いなーって感じるかも知れない。

逆に太めなボール径好きからすると、せめて0.5mmも欲しいのよね。同じシナジーチップ搭載のジュースアップでの0.4mmと0.5mmの滑らかさの圧倒的な違いを知っているだけに、フリクションポイントノックでも出して欲しい。

現状で、消せるボールペンを使いたい!って思ったら、書き味を考えると数あるフリクションシリーズの中でもこの「フリクションポイントノック04」一択なのよね。

それくらいに良く出来たペンだからこそ、ボール径や軸の種類違いも欲しくなるのでありました。

パイロット フリクションポイントノック04
フリクション史上一番滑らかに書けるパイロット「フリクションポイントノック04」

2019年9月1日に発売になったばかりの消せるボールペンでお馴染みフリクションシリーズの新製品「フリクションポイントノック04」のブルーブラックを購入したのでご紹介。 商品名に04と付く通りボール経は ...

続きを見る

ぺんてる エナージェル インフリー オレンジ 0.5mm
赤ペン代わりの「ぺんてる エナージェル インフリー」オレンジ0.5mm

普段、青ペンをメインで使いつつ黒や緑、紫なんかも使っているけれど、赤ペンを使うことがほとんど無い。そんな中で赤ペン代わりに差し色的に使うとなかなかイイ感じだと気付いてから多用するようになった大好きなゲ ...

続きを見る

パイロット ジュースアップ 0.5mm ブルー
パイロットのジュースアップは0.5mmが最高に滑らか

これまでも何度か紹介している極細系なゲルインクボールペンとしてはかなり滑らかなパイロットのジュースアップ。今回はラインナップ中で一番太いボール径0.5mmのブルーを。 0.5mmはずっとスルーしていた ...

続きを見る

-stationery
-, ,

© 2023 sutero choice