stationery

フリクション史上一番滑らかに書けるパイロット「フリクションポイントノック04」

投稿日:

パイロット フリクションポイントノック04

2019年9月1日に発売になったばかりの消せるボールペンでお馴染みのフリクションシリーズの新製品「フリクションポイントノック04」のブルーブラックを購入したのでご紹介。

滑らかに書ける理由

『フリクションポイントノック04』は、こすると消える「フリクション」の特長と、「シナジーチップ」の特長を活かし、スムーズな書き出しとなめらかな書き味を実現した超極細の消せるボールペンです。
「シナジーチップ」とは、細書きに適した極細のステンレスパイプの先端にくぼみをつけてボールを点で支える構造の「パイプチップ」と、一般的なボールペンに使われる、円錐形で、チップ強度が強く、安定して書きやすい「コーンチップ」のそれぞれの特長を活かした構造・形状のチップです。そのため、細書きに最適なペン先でありながら、ペン先の強度が高く、インキの供給がスムーズで、なめらかな筆記ができます。
-パイロットの製品情報より-

パイロット ジュースアップとペン先が同じ構造ってこと

フリクションポイントノック04とジュースアップのペン先

比較のために同じく「シナジーチップ」を採用しているフリクションポイントノック04(手前)とジュースアップ0.4mm(奥)のペン先を出した状態を。

どちらも金属製のコーンにペン先手前の樹脂が当たっていて、これによって筆記時の強度と滑らかさを実現している。

樹脂はジュースアップが黒でフリクションポイントノック04がグレーの違いはあるが素材は一緒と思われる。

書いてみると

フリクションポイントノック04で書いてみた

参考としてペン先に続いてジュースアップも。

どちらもブルーブラックであるが、消せるボールペンであるフリクションポイントノック04はちょいと太め、普通のゲルインキの0.5mmで書いたようなラインのサイズで色も薄くはないけれど、0.4mmでも濃淡が出せる感じ。もちろんスラスラで文句なし!

一方ジュースアップの0.4mmは以前紹介した時も載せたけれど、極細らしくとても細くパイロットの濃いブルーブラックといった感じ。こちらもスラスラ。

どちらが優れているってことはなく、フリクションとジュースアップは用途が違うので、手帳等、消せた方が良くて細かく書きたいならフリクションポイントノック04はこれまでのフリクションシリーズ史上一番の滑らかさであるのは書いててハッキリ感じられたので、とてもオススメ出来る。

フリクションポイントノック04 全8色セット

ジュースアップのレビュー

パイロット ジュースアップ
極細系では一番の書き味!パイロットのジュースアップ

ボールペンはわりと太めのインク幅が好きなのだけれど、極細系で選ぶならこのパイロットのジュースアップが他を圧倒して滑らかで書き心地が良い。 今回は水性顔料ゲルインキボールペン、パイロットのジュースアップ ...

続きを見る

-stationery
-,

Copyright© sutero choice , 2019 All Rights Reserved.