electric

機能や音質以前に色に惹かれるワイヤレスイヤホンYAMAHAの「TW-E3A」スモーキーブルー

2020/02/14

YAMAHA TW-E3A ワイヤレスイヤホン スモーキーブルー

ワイヤレスなイヤホンに関してはAirPods購入以来、iPhoneとの親和性の高さに起因した使いやすさから他の製品は気にもしてなかったのだけれど、最近のキーボードやマウスとかのレトロカラーが気になってから色々調べてたのもあってグレーでいい感じの上の画像のYAMAHAの「TW-E3A」が目に飛び込んできて「あーコレは欲しいかも」って思ったのでご紹介。

コスパ良くて評判みたい

この「TW-E3A」、Amazonだと現在10,000円ジャストで売ってて、完全独立型のワイヤレスイヤホンとしては価格からするとかなり高音質と評判も上々。カラーも他に定番的な黒と白、可愛らしいスモーキーピンクもあるけれど圧倒的にスモーキーブルーが淡いグレーな感じで良い。

2019年11月発売と、言ってもまだ発売されてそんなに経ってないので一応特長の方も以下に書いておこう。

商品特長

音量に応じて音のバランスを最適化

ヤマハ独自の「リスニングケア」は、小さなボリュームの時ほど低域と高域が聴こえにくくなる人間の聴感特性や、リスニング環境における聴こえ方の違いに着目し、音量に合わせて、音のバランスが最適になるように補正。自然で聴きやすい音を再現し、過度な音量アップによる耳への負担を抑えます。

音切れしにくい完全ワイヤレス

米国Qualcomm®社のオーディオSoC(System-on-a-Chip)「QCC3026」を採用し、左右独立通信テクノロジー Qualcomm TrueWireless™ Stereo Plusに対応。スマートフォンなどのコンテンツ送信側が、左右のイヤホンに直接音声データをBluetooth®伝送するこの方式は、従来の完全ワイヤレスイヤホンに比べ音切れしにくく、快適かつ長時間のリスニングを可能にします。

*コンテンツの送信側がTrueWireless Stereo Plusに対応している必要があります。

アプリを使ってスマートに設定

スマートフォン専用のアプリ「Headphones Controller」を用意。「リスニングケア」のオン/オフや、オートパワーオフの設定、バッテリー残量の確認などの操作を画面を見ながら手軽におこなうことができます。

雨や汗がかかっても安心

JIS防水保護等級IPX5相当の生活防水に対応しており、突然の雨や汗・水しぶきからイヤホンを守り、快適に使用することができます。

声で簡単操作

Siri®、Google Assistantといったボイスアシスタント機能の起動*に対応。イヤホン本体のボタン操作で、簡単に起動することができます。 音楽を聴く際の基本操作をはじめ、曲情報や最新のニュースを聞いたり、さまざまな操作を声を使って手軽におこなうことができます。また、本体のボタン操作で、ハンズフリー通話も可能です。

*接続機器の仕様により、対応していない場合があります。

ボリューム調整までも、指先ひとつで

イヤホン本体のボタン操作で曲の再生/停止、スキップ操作をはじめ、ボリュームの調整までおこなうことができます。わざわざスマートフォンを取り出す必要がなく、満員電車に乗っているときなどでもスマートに操作でき便利です。

最長24時間のロングバッテリーライフ

本体のみへの充電(約2時間)で6時間使用することができ、毎日のリスニングに便利です。さらに充電ケースに3回分充電して、最大24時間の音楽再生が可能。旅行や出張先などでも気軽に音楽を楽しむことができます。

最初の1台として最適

価格的にも性能的にも完全独立型のワイヤレスイヤホンとしてなかなか優秀だし人気でもあるようだし、これから初めて購入してみようって考えてる方には選択肢の一つとしてピッタリかも知れない。

一応、このイヤホンには上位機種として2020年2月25日発売予定の「TW-E5A」と2020年春頃発売になる「TW-E7A」と2つあるのだが、デザイン的というかグレーという色バランス的には「TW-E3A」がベストである。

AirPodsが壊れたりバッテリーがヘタって来たらこれを買ってみよう。

上位機種の「TW-E5A」

-electric
-,

Copyright© sutero choice , 2020 All Rights Reserved.