stationery

隠れた逸品!持ちやすいから書きやすいシヤチハタの極細サインペン「エルゴライン」

2019/10/17

シヤチハタ アートライン エルゴライン 水性サインペン 0.4mm

シヤチハタといえばハンコであるが、アートラインという筆記具のラインナップがあって、その中でも「エルゴライン」というエルゴノミクスデザインな持ちやすいペンのシリーズのうち水性染料な0.4mmの極細系サインペンの青をご紹介。

ずっと探しづつけてようやく入手

もう10年以上前から探してはいたものの、実際に試し書きしてから買いたいという思いから売ってる店を探してしたのではあるが全然無くて、そのまま月日は流れてようやく購入してみたという経緯がある。

このエルゴラインのシリーズ、水性サインペンと水性ボールペンがあってどちらも欲しいのではあるけれど、水性サインペンの青だけ在庫あったので今回はこのペンの紹介という次第。

ペン先

シヤチハタ エルゴライン 水性サインペン 0.4mm ペン先

金属のチップがあってその先にペン先が多少長めに出てるので定規で線を引くのにも向いているし、そのペン先は硬めなので筆圧が強くてもしっかり安心して書ける。

その上のグリップ部分が緩やかな曲線の三角形をした名前の通りのエルゴラインになっているのでとても持ちやすくて疲れにくくなっててこの持ちやすさだからこそ、他の極細系サインペンと比べて圧倒的な書きやすさを実現している。

似たような持ちやすさだとLAMYのサファリや以前紹介したこともあるチェコのセントロペン等エルゴノミクスデザインの緩やかな三角形のグリップのペンは色々あるけれど、このエルゴラインは形状と同時にグリップの太さが絶妙で、持ち比べてみてもエルゴラインの持ちやすさは群を抜いている。

書いてみると

シヤチハタ エルゴライン 水性サインペン 0.4mmで書いてみた

水性染料なのに明るく鮮やかな青で滲みも裏写りも無い。5ミリ方眼のロディアにも余裕で細かく書き込めてしまうので普段のノートやメモへのメインのペンとしての日常使いもガンガンに出来そうである。

ペン先が硬めと書いたけれど、硬めだからこそ少ないチカラでもスラスラと書けてしまう。 ペン先とグリップが良いとこんなに書くことが楽しいのかっ!って改めて思わせてくれるとても優秀なペンである。

これは水性サインペンと水性ボールペンの両方を全色揃えた方が良さそうだ。10年も探し続けずにさっさと買っておけばよかったよ!

そのくらい素晴らしい隠れた逸品なペンである。


水性ボールペンも買いました

シャチハタ エルゴライン 水性ボールペン
水性ボールペンはコレで決まりでいいと思うシヤチハタ「エルゴライン ボールペン」

以前に隠れた逸品としてシヤチハタの極細サインペンを紹介したのだけれど、それと同じ形状である「エルゴライン」の水性ボールペンをご紹介。これがある意味ボールペンとしての完成形だとも言える!ってくらいに書き ...

続きを見る

-stationery
-

© 2022 sutero choice