iPhone

iPhone 12 mini を使うことにした

iPhone 12 mini box case film

この度、新しいスマホとして、現在のiPhone Xs MaxからiPhone 12 miniの256GBブラックに機種変更することにして、オンラインで注文していた端末が届いたので、どうしてiPhone 12 miniにしたのか!?って経緯をご紹介。

Android端末にしようと思ってた

初代のiPhone 3GからiPhone Xs Maxまでは迷うこと無く毎年iPhoneの最新機種にしていたのが、メインPCをMacからWindows PCにしたりスマホ界隈の様々な事情も変化しているのもあって、次に買い換えるならAndroid端末だなってずっと思っていたし、そうするつもりでGoogleのPixel 5とかいいんじゃないかとそっちにシフトする気満々でいた。

iPhoneからAndroid端末への移行で一番のネックであったApple Watchの代わりとなるスマートウォッチ探しもこのブログでもいくつか紹介したりしてて、もうじき出るGarminのVenu Sqシリーズなんかはとても良さそうだし、こういうのあるならようやくiPhoneでなくてやっていけそうだとも思っておりました。

M1チップ搭載Macの衝撃

Android端末への移行を留まったのはつい先日の新しいM1チップ搭載Macの発表&発売とそれに関連したニュースやレビューを見たことが大きいというか決定的でまた新しいiPhoneにしようとなった。

iPhoneは初期こそサムソン等他社のチップを使っていたけれど現在最新のA14にみられるアップル製の独自なAチップをiPhone 4の時代から搭載しててずっとiPhoneユーザーとしてはそれが当たり前で凄いとかそこまで考えず使っていた。

それがM1チップ搭載Macの構造の凄さというよりもそれまでのインテル製チップ搭載Macを遥かに上回る性能を叩き出していることに衝撃を受けビビった。スペックだけ見るとインテル製Macの方が様々な数値が高かったりするのに、M1チップ搭載Macが驚異的に速い。ハードとソフト両方アップル製って鬼の親和性の高さが今後しばらくMacで、そしてiPhoneでもより発揮されていくだろうという期待をせずにはいられなくなったって次第。

iPhone 12 miniを選んだ理由

現在のスマホがiPhone Xs Maxで、これを選んだ最大の理由が画面がデカいって部分。で、新しいスマホをAndroid端末ではなくまたiPhoneにすると決めた時に画面のデカさ優先であれば間違いなくiPhone 12 Pro Max 一択なのであるが、その正反対となる最小サイズのiPhone 12 miniに決めた。それはなぜか。

リーズナブル

まずは単純に価格的な部分。iPhone 12 Pro Max と iPhone 12 mini では5万円程度違う。画面のデカさとカメラ性能の差が違いの大部分であるが、最大で2年程度しか使わないというのと、カメラは明らかにiPhone 12 Pro Maxが良いが、現状の使い方ではiPhone 12 miniのカメラでも全然オッケーだし2年前の機種であるXs Maxに比べたら全然キレイだろうと。

Magpulケースが出るならminiのはず

理由の2つ目でもう性能とかそういう面ではなくなるのだけれど(笑)、iPhoneケースとして大好きであったMagpulケースがもし新たに出るのであればiPhone 12 miniなんじゃないかと。もうこれは予測でもなく希望でしかないのだけれど、最後に出たiPhone XとXsのケースの時はMaxは外され、現行機種であるiPhone SE 2 のサイズも7と8のサイズだし、期待できるのはminiしか無い、と!

Magpul Iphone se casew
新しいiPhone SEの最大の利点はMagpulケースが使えることかも知れない

新しいiPhone SE出ておりますね。まあiPhone 8の後継機種みたいな感じでサイズも一緒だし価格も抑えられ指紋認証のTouch IDで今の御時世のマスク必須な場合に重宝するので機種変更する人も ...

続きを見る

仮にMagpulケースは今後出ることは無かったとしても、ケースやアクセサリ関連で一番充実するのは絶対にiPhone 12 miniなので、こういう観点からの選択としては正しいというか一番楽しめる端末を選んだと言える。

あえての小さいやつ

スマホは画面デカい方が絶対イイ!って思ってたし今でもそう思っているのだけれど、なんだかんだで持ち歩いたりポケットに入れたりする場合にやっぱり小さいサイズの端末も良いじゃないか!ってなるかも知れないとの期待もあってチャレンジしてみようと。

一緒に買ったケースとガラスフィルム

新たなiPhoneの使い始めには絶対購入しておきたいのがケースとフィルム。なので個人的定番のケースとAmazonで人気のガラスフィルムも事前購入しておいたのでご紹介。

Spigen iPhone12 mini ケース リキッド・エアー

現在のiPhone Xs Maxでも使ってるリーズナブルで割と薄めでありつつも衝撃に強く汚れにくくて指紋も目立たないとても優秀なりっキッドエアー。iPhone12の新色であるブルーに合わせたネイビーが良さそうだったので、miniのカラーはブラックにしたけどケースはネイビーを選択してみた。

iPhone Xs Max リキッド・エアー
シンプルなデザインでiPhoneをしっかりガードするリキッド・エアー

春先に超頑丈なPITAKAってiPhone Xs Maxのケースを購入して気に入って付けてたところに、Amazonプライムデーで安くなっててついポチってしまったのが今回ご紹介するSpigenのリキッド ...

続きを見る

NIMASO ガラスフィルム iPhone 12 mini 用

Amazonのベストセラー1位な安価でガイド枠も付いてて2枚入りなNIMASOのガラスフィルム。これ、今ならブラックフライデーセールの対象商品なので安くなってる。

使ってまたその後のエントリも書きますね

とりあえず、iPhone 12 miniが届いたので、どうしてこれにしたのかってのを書きました。今のところはこれにして良かったと思っているし早く使ってみたいって感じかな。移行の段取りがちょいと面倒なのとガラスフィルム貼るのが気を使うから好きじゃなかったりするけれど、使ってみてまた書きます。

-iPhone
-,

© 2020 sutero choice