stationery

最近一番使ってるペン、エナージェルのトラディオとエックス。

更新日:

最近よく使っているペンのインクは全てブルーってことは先日エントリした通り。

最近のペン達。全部インクはブルー系。
久々のブログ更新。 最近の数少ない更新を見返してみると文具紹介が昨年末以来なしだったので2015年になって最近までよく使うペ...

ということで、その中から一番使用しているペンである、ぺんてるのエナージェルシリーズ(ENERGEL)の「エックス」と「トラディオ」をご紹介。

Energel001

中身は一緒、違うのは外観と値段。

元々、エナージェルは6種類ほどあって、このエックスとトラディオはわりと最近ラインナップされた2つ。

Pentel energel memo

書いてみたサンプルでも見た目的にも全然一緒のペンで書いてるようにしか見えない。ちなみにノック式って書いてる方が「エックス」。

外観的にはノック式で普通のゲルインクボールペンっぽい「エックス」(税抜¥100)とトラディオ・プラマンの外観な「トラディオ」(税抜¥250)。

エナージェルシリーズはボール径によってペン先の仕様が違うのも面白い部分なのだけれど、0.5mmまではニードルチップとなってて、0.7mm以降の太さは一般的な砲弾チップとなっている。

エナージェル・エックス

Energel002

先ほども書いた通りのノック式のゲルインクボールペンによく見られる半透明の軸にゴムのグリップが付いている。こちらは調べ物しながらメモ取ったりする時用。ずっと書き続けるのではなく、調べてはメモしてという状況ではノック式の方が便利であるからデスクのメモ帳の上に常備している。

書き味はとてもスラスラしている。個人的にはゲルインク系でエナージェルが一番スラスラ書けると思う。

エナージェル・トラディオ

Energel003

これは元々トラディオ・プラマンが大好きでそれを一回り小さくして白い外観のこのペンは何なんだ!?と手にしたのがきっかけ。

ぺんてるのサイトには「フランスを虜にした〜」的なキャッチが付いてて逆輸入的な扱いのようでその為に高めの価格でもあるのだろう。

こちらはキャップ式なので考え事の整理だったりノートに書いたりする、ずっと書き続ける場合に使ってる。

書き味は当然スラスラなのだけれど、グリップはプラスティックの凹凸でこれはこれでエックスとは書いた文字は同じでも書いている感じはまた全然違うペンであるかのようでもある。

とにかく白いボディの青いペンってのが一番のポイントであることは間違いない。ラインナップには黒いボディもあるのだけれどもね。圧倒的に白がイイ。

ホントに最高の書き心地を得るなら0.7mmを選ぶべし!

今回紹介したエナージェルの「エックス」と「トラディオ」はともに0.5mm。小さい文字書くので0.5mmをよく使っているのだけれど、「トラディオ」の方は0.7mmも持っていて、こちらはヌルヌル書けて凄く良い。普通にデカい文字というか、手帳とかに書き込まないのであれば0.7mmのヌルヌルもぜひ堪能して欲しい。

-stationery
-, ,

Copyright© sutero choice , 2017 AllRights Reserved.